忍者ブログ
うわごと
[1]; [2]; [3]; [4]; [5]; [6];
今日はお祭りわっしょい
あっ わっしょいではないか...
神社仏閣のとは違う感謝祭。
地元のお母様たちが頑張って
地域で内外の人たちの交流する場を週一回集まれる場を
作って守って来た20数年?(アバウト勘弁御免)
この地域(どこも?)立ち上げ当初は女性の立場が
なく、男の言う事が全てだったそうな...
それが立ち上げるきっかけでもあると教えてくれた。
『お茶でも飲んできまい』
とその言葉のおかげ、きっかけでここに住ませてもらう
きっかけにもなった。
長く続けるには本当色々なことがあると思う
メンバーも変われば世代も変わっていく
場の話に限らず家、集落、地域(言葉被る容赦御免)
町、県、国、惑星...(跳んだねえ)
変わっていくけど変わらない『何か』
があるはず
風習、言い伝え、伝統、文化...(もうボキャギブアップ)
ヒトによって都合よく変えられてくものもあるけど
なんていうかなあ
『まあ、お茶でも飲んでいきまい』
がその『何か』。
言葉にしなくていい
その何かが私の中でとっても大事なものに
なっている
そんな『お茶飲んできまい』祭り。
お疲れさまでした...
お米を鉄の羽釜でずっと焚きまくって
最後もう焚きたくない!と
いい歳したおっさんが言うほどにキャパ越えたのでした
でも
楽しかったのでした
ありがとう!
『何か』。



PR
制作する中で、
側から見たら何気ない事かもしれないが
ものすごい事...冒険をしているたりするのだ
してない時もあるか...その時はあまり良くないね色々。
『冒険』というとハラハラドキドキ
命がけ?漫画、テレビの世界、遠い出来事と思うかもだけど
みんな毎日冒険しているのではないかな。
昨日と今日は全く違う
さっきと今でも違う(何が?)
えっそりゃ...色々さ...(出てくる言葉、思考がもう限界)

とにかく皆、冒険している
ハラハラドキドキの連続なのだ
でも毎分毎秒ドキドキしていたら心臓に悪い
...いや心臓は毎秒ドキドキ、力強く動いてますやん
血液送ってますやん!

生けとし生きるもの
毎日、毎分毎秒
大冒険
ですやん(お世話になっているT氏の口を拝借)

到着地点がなんか最初に書こうと思っていたのと違うけど
まあ
いいですやん
あっ狸がケンカしている...午前3時
おやすみなさい
筋肉が好きだ
なんでだろ
小4で北斗の拳の連載が始まった(週刊少年ジャンプ)
うわーこええ...
言いながら夢中になっていたねえ
そしてキン肉マンやらウイングマン、ブラックエンジェルズ...
シェイプアップ乱...ハイスクール奇面組、こち亀ももちろん
ああ、止まらない
私の身体は漫画で出来ている(言ってみたかった)

まあだからなのか?本能?なのか
少年は8割が筋肉好き(適当...)
高校、社会人、大学でラグビーやって怪我をしまくってしまった
漫画のプレーを真似て怪我をしたり...(1、2の三四郎)
まあ色々あって古武術の甲野さんの本、テレビを見て衝撃を受けて
考え方が変わった
これはまた後ほど

自分の中の筋肉神話は終わったのだが(考え方ね)
筋トレは重要なのだ
最近動画を撮る事で発明、発見したメニュー
『モフねこ腕立て!』

...つづく
zzz
夕飯を二人で食べ、母が入れてくれるお茶をすする。
食器を運び洗うこと全部母に任せている
私の仕事は『お茶をすする』ことなのだ。
水が出しっぱなしでも見守るのだ
お茶をすすりながら。
ご飯の支度で火を掛けっぱなしは消しに動くが
基本見守っている
これが本当難しい...
ただただ『お茶をすする』これも難しいのだよ
何か働かねばとDNAが叫ぶ
だがそこで食器を持って行ったり洗ってはいけない
母の仕事を取ってはいけないのだ。
彼女にとって今の私は育ち盛りの子供なのだ
たまに姉との電話で『あのハゲたおっさん誰だ?』と
聞いている...のが聞こえる
私である。
面と向かって『息子はどこでしょうか?』聞かれたりするが
目の前にいるハゲたおっさんがそうですよー
とは言わないが『私だよ』と穏やかに、朗らかに言う
言えるわけがない
慣れないw

まあそんなこんな様々な攻防があるのです

夕飯後はかなり危険
ガラッと変わることが多い
日中よく動いたから大丈夫
デイに行って外の空気吸ってきたから大丈夫
よく話してニコニコしてたから大丈夫....
などと法則があるのかなと思っていたら
全然当てはまらない
予想、予感が全くできない。
自然現象だと最近は受け止める事にした。

そんなんで今夜は、一人で怖いとアトリエにやって来た。
明日はデイサービスがあるとだいぶストッパーになるので
まあ、今夜は全然良いほうである。
なんとか寝室に帰る時に
二人でお月さんを見る
自慢のヒノキ縁台に腰掛けてしばらく眺めてた
『綺麗だねえ』と
二人で見入った(外灯が一切ないのですごく明るい)
『東北の月と大きさが違うよなあ』
『そんな事ないと思うよ』
とハゲたおっさんが吹き出しそうに答えた。

ミノは授業でよくお外にいく。
中学生から高校になったばかりの思春期ど真ん中?でもないか...
そんな宝物(ほうもつ)たちを教えている(遊んでもらっている)
高校一年だけで、二年、三年は美術の授業はないのだ。
こんなに生きていく基礎(考え方や)が詰まっている全ての基礎(だと思っている)
の美術を...ないがしろにしている感いっぱい。
どんどん少なくなっていく様を40何年生きて見てきた。
新校舎ができて1階から3階に変わってて『美術は1階でしょうがああ...!』と
呟いた...全く予想していなかった。
美術は物づくりでもある。
いろんな大きいものから、重いもの、予想できないものを作り出す
枠を飛び出すことが目的でもある美術が
小綺麗に、ちんまりと景色の良い3階に収まっている。
3階は一年生の階でもあるから利便性が良いとかでそうなったのでしょうが
違うんだ。
美術は薄暗い、教室から一番遠い1階になくてはならないんだ。
全体がAといった方向に行くならBを探る、またCの可能性を探る
そんな哲学があるんだ
全部同じ これほど怖いことはない...

だから緊張した面持ちで入ってきた、最初の美術の授業受ける宝物たちに
『天気いいから(だいたい晴れてるね)外行こ』
自己紹介もせず、スケッチ目的でもなく
ただ、ただ行く。
どよっとどよめく、毎年。
それだけみんな授業とはこういうもの と思い込んでる、詰め込みがギュウギュウなの
かしらん と感じる。
意味なんていいよ(初回はね)
大変な思いして入学してきたんだもの『授業』という枠で『外に出ること』
が結構重要。特に不良?という言葉が廃れて『センコーよお』なんて言う
宝物が絶滅している?近年では『授業で外に出る』(特に初回)はとても意味があるのだ。
そんなこんなでお外にいくことが多い。
生徒にも聞く。
初回以外は必ず意味を持たす。ただのスケッチとかではない。
技術的なこと、内面的なこと(自慢ではないがその引き出しは多い。多浪させてもらったり制作続けていることが出来ているおかげ)をどうしてか?説明する。

...だがよく外野クレームがつくようになった。
他の美術とは関係のない先生方から。
話せる場合はかなり熱くうっとおしいほど説明できる。仲介の先生には何度も
うっとおしがられてはいるのだが理解得ている。
だがクレーム先生は誰かもわからず対話ができない
『しないほうがいい』とのこと。
一番感じたのがその先生方がかわいそう とだけ思った。
5年目?だけど雰囲気がだいぶ変わってきたね学校。
あっなんかつまらない話になっている

まあお外は行くよ
私が向いてるのは学校でも先生方でもない
宝物たちだからねえ
キラキラしてるんです
本当に。

だから今じゃ現実的じゃない と言われるようなこと自分で実践して背中見せて
伝えたりする。

ファンタジーは夢じゃない
現実にやってくる。

ファンタジーじじい より









カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/14 negi_dani]
[04/01 いずいず]
[03/31 あべけいこ]
[03/28 まちゃ]
[03/16 まき]
プロフィール
HN:
みのる
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
忍者ブログ [PR]